2015年最新の薄毛予防

薄毛予防には最新の医薬品を使おう

髪にハリやコシが無くなり、セットしてもすぐにボリュームが無くなってしまう、地肌が透けて見える程、頭皮が薄くなったように感じたら、薄毛予防で早めに対策を行いましょう。
「まだ大丈夫」とそのまま放置していると、どんどん薄毛が進行してしまうケースもあります。
進行した状態から改善するには、時間もお金もかかってしまうのです。
ですので、「髪が薄くなってきたかな?」・「「何となく髪が細くなった」と感じる様になったら、薄毛予防する事がお勧めです。
手軽な薄毛予防としては、育毛剤でのケアが有効です。
育毛剤を使う事で頭皮の環境を整え、健康で丈夫な髪を育てる基礎を作れます。
育毛剤には血行を改善するタイプや、毛根に栄養を与えるタイプなど色々な種類がありますが、ただ、育毛剤だったら何でも良いという訳ではありません。
育毛剤には「医薬品」・「医薬部外品」・「化粧品」と、ジャンルが分かれている記載がある事を、ご存知でしょうか。
まず、化粧品ですが化粧品と書かれている商品は、薬では無いので「髪が生える」などの表記は、全くされていません。
医薬部外品は化粧品よりは、効能がある事が認められている商品につけられます。
医薬品はというと、厚生労働省が薬として認可し、確実に効果を発揮する商品です。
医薬品となっている育毛剤には、ミノキシジルなどスキンクリニックでも、薄毛治療に用いられる成分が含まれています。
頭皮を育毛剤でケアし薄毛予防をするのであれば、より発毛効果が期待できる最新の医薬品を使う方が、より効率的と言えるでしょう。
医薬品と書かれている育毛剤を使う事で、薄毛を予防する以外にも、今現在髪が抜けやすく困っているという悩みの解消も期待できます。

自毛を育てるために役立つ薬や食事

薄毛予防といえば、育毛剤を頭に思い浮かべる方も、少なくないでしょう。
薄毛=育毛剤と結び付けられますが、髪は食べたものの栄養素で作られています。
ですので、バランスの悪い食事を続けていると、健康な自毛を育てる事はできません。
薄毛予防には発毛を促す、栄養素をしっかり補う事が大切なのです。
髪はケラチンという、タンパク質で作られています。
ですので、お肉や魚、卵といった良質なタンパク質を、しっかりと補いましょう。
ただ、タンパク質だけ摂っていても、食事で補ったタンパク質がケラチンに変わる事はありません。
タンパク質をケラチンへと変えてくれるのは、亜鉛というミネラルです。
亜鉛は牡蠣やアーモンドなどに多く含まれている、栄養素の1つです。
この他にビオチンなどの、ビタミン類も薄毛予防にオススメの栄養素と言われています。
しっかりと食事を見直す事で、健康な髪を育てられるでしょう。
また、進行してしまった薄毛は、クリニックで治療する事も可能です。
クリニックで処方される薬としてはプロペシアとミノキシジル、この2種類が基本です。
プロペシアは男性型脱毛所「AGA」の進行を抑え、改善する効果を持っています。
AGAは5αリアクターゼという酵素により、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロエストステロンへと変化する事で起こります。
プロペシアは、5αリアクターゼの働きを抑制する効果ある薬です。
ミノキシジルは頭皮の血行を改善する薬です。
血流が悪い状態だと、毛根に髪を作る栄養素を運ぶ事ができません。
ミノキシジルを服用する事で、より発毛を促す効果が期待できます。
この他にも、女性専用の薄毛治療薬も誕生したなど、クリニックでの薄毛治療も日々進歩しています。

毛髪の抜け毛チェックは定期的にすること

薄毛予防のために抜け毛の状態を定期的にチェックすることは、非常に意味のあることです。
それは何故かと言うと、まず毛母細胞の分裂回数には限度があるためです。
発毛や育毛は、毛母細胞が分裂を繰り返すことで成立します。
しかし毛母細胞の分裂回数には限度があり、その回数、分裂を繰り返した毛母細胞からは髪の毛は生えてこないようになります。
髪の成長が不十分な状態、短い毛や細い毛の抜け毛が目立ってきて、しかし、その状態を放置したままにしておくと、いたずらに毛母細胞の不十分な分裂だけが繰り返されてしまいます。
するとその部分が薄毛になってしまった時には、毛母細胞の分裂回数が残されていないため効果的な治療を行うことができない場合も多くなってしまいます。
また抜け毛は、頭皮にダメージが蓄積しているため、あるいは頭皮の血行不良が進行しているために発生していることも考えられます。
それらの要因を放置したままにしておくと、抜け毛は進行するばかりでやがては薄毛に進行していくことがほとんどです。
するとその状態から治療を始めると、とても時間がかかってしまうことにもなりかねません。
薄毛予防のために抜け毛を定期的にチェックするのは、以上のような理由から大切なわけですが、チェックポイントとしては抜け毛の質と量が挙げられます。
ある程度の長さがあり、かつ太い毛が抜けているのであれば、それは成長した頭髪の抜け毛ですから、それほど杞憂する必要はありません。
やたらと短い、そして何よりコシのない細い毛が抜けるようになった場合は要注意です。
薄毛予防のために、速やかに医療機関に相談する、育毛剤などを使用することをおすすめします。
また抜け毛の許容本数ですが、1日に100~300本辺りまでは心配の必要はないと言われています。
数えるのはなかなか難しいですが、明らかに量が増えてきたと言う場合には、やはり薄毛予防を頭に行動を起こした方が良いです。

■千葉のAGA治療専門クリニック情報
千葉でAGA治療を探したいならこちら
■安全に購入するために
あんしん通販薬局って詐欺サイトなのか?
■財布に優しいジェネリックで治すなら
ロゲイン
■薄毛予防に効果のある成分
フィナステリド